皆様の健康生活を応援!
一緒に泳ごう!運動しよう!

    • 鹿児島店
    • 099-282-7655
    • 国分店
    • 0995-45-5855
  • デキタス

スイム&スタディコースのご案内

  • ホーム
  • スイム&スタディコースのご案内

デキタス|dekitus

ジェルスポーツクラブ

dekitus
WEB学習システム「デキタス」をはじめよう!

スイム&スタディーコースのご案内

文武両道を目指して

このたび、ジェルスポーツクラブでは、城南進学研究社の「デキタス」を利用して「文武両道」をコンセプトとした【スイム&スタディー】コースを新設しました。
スイミングを通じて「健康な体」と、WEB学習システム「デキタス」を通じて「賢い頭」を鍛えられる、よくばりなコースです。

メリット①
自分の学校の教科書の勉強ができます。
メリット②
アニメーション&ポイント制で楽しく学習。解説・小テストもあります。
いままでの学習時間、得点、得意不得意分野が記録されます。
メリット③
価格が安い!デキタス料金通常3,240円(中学生4,320円)のところ、ジェル会員に限り月会費+1,620円(中学生は+2,160円)でご利用できます。しかも!5教科すべてでこのお値段!! 

■ 「スイム&スタディー」コースの会費について

コース名 月会費 + 月間諸費
通常学童(週1回)コース ¥5,832(税込)
スイム(週1回)& スタディーコース(小学生) ¥7,452(税込)
スイム(週1回)& スタディーコース(中学生) ¥7,992(税込)

「スイム&スタディー」コースの会費について

一般的には月々3,000円~7,000円程度のWEB学習システムを

スイミング会費プラス

デキタス対応教科・ご利用料金

一般販売価格月々¥3,240(小学生)・¥4,320(中学生)のWEB学習システムを、スポーツクラブ月会費+小学生月々¥1,620(税込)・中学生月々¥2,160(税込)のジェルスポーツ特別パック料金にてご利用いただけます。

「スイム&スタディー」コースの受講をご希望される場合は、申込書をフロントまでご提出ください。

デキタスとは?

インターネットを利用した小中学生向けWEB学習システムで、タブレット、パソコン、スマートホン等から受講できます。1日たった15分からの学習で、塾や家庭教師よりも気軽に、楽しみながら学習習慣を身につけることが可能です。

デキタス

Step 1 授業 アニメーション動画や音声でわかりやすく解説します。
Step 2 小テスト 授業に沿った小テストを解いて腕試し。
Step 3 採点 リアルタイムで採点!間違いがすぐにわかります。
Step 4 弱点克服 間違った箇所を元に、お子様に合った問題を自動生成!
Step 5 さかのぼり学習 つまずいた単元は前の学年までさかのぼることが可能!

対応教科

学年 教科
小学校1・2年生 4教科(国語・英語・算数・生活)
小学校3~6年生 5教科(国語・英語・算数・理科・社会)
中学校1~3年生 5教科(国語・英語・数学・理科・社会)

対応教科

授業と小テスト

  • アニメーションや音声で「見て聞いて」楽しく勉強!!
  • 問題にチャレンジするとすぐに採点してくれる
  • 間違えた問題を考えて、お子様にあったテストを自動でカスタマイズ
  • つまずいた単元は、前の学年までさかのぼり可能

学習管理

  • いままでの学習時間
  • いままでの得点
  • 得意不得意分野を分析
  • 学習開始・終了時には保護者にメールでお知らせ

デキタス分析画面01

到達度分析では、分野毎の強み、弱みを確認できます。

無駄なく的確に今後の学習の方向性を捉えることができます。

デキタス分析画面02

学習カレンダーをクリックすると、お子様が利用した日のカレンダーが表示されます。

「授業」を見た日には鉛筆と消しゴムが、テストを行った日には赤のノートが表示されます。

デキタス | 画面イメージ01
デキタス | 画面イメージ02
デキタス | 画面イメージ03
デキタス | 画面イメージ04
デキタス | 画面イメージ05
デキタス | 画面イメージ06

■ 城南進学研究社とは?

神奈川県に本社を置き、総合教育機関城南進研グループを運営する上場企業。個別指導塾「城南コベッツ」、大学受験生をサポートする「城南予備校」、脳科学おばあちゃんで有名な久保田カヨ子氏が特別顧問を務める乳幼児育脳教室「くぼたのうけん」など、乳幼児から社会人までの幅広い総合教育に力を入れています。今回、ジェルスポーツクラブでは、城南進研グループが提供するWEB学習教材「デキタス」を導入することになりました。

■ 早めに学習習慣をつけましょう

1.お子様の負担が増えています

2011年度からの学習指導要領改訂により、学校での授業時間数と教科書の分量が大幅に増加しました。(※5教科の授業時間数は小学6年間で350時間程度増加)2020年の教育改革によりさらなる負担増が見込まれます。

2.小3までに学習の習慣づけを

各学年の学習内容はつながっています。特に算数・数学の学年をまたいでのつながりは強力です。例えば2年生でつまずきますと、当然3・4年の内容は理解できないようになっているわけです。

小3までに学習習慣をつけられたかにより小4まで得意・不得意が大きくわかれ、小5・小6が中学の成績や内申を左右します。つまずきは残したままにせず、その学年のうちに片付けていきましょう。

■ 「良くできたね」は魔法のことば

3.ほめてあげてください

脳が刺激され快感を感じると「ドーパミン」という脳内物質が分泌されます。「ドーパミン」は脳内麻薬ともよばれ、記憶力や思考力、さらにはやる気まで高めていきます。勉強をしていて「うれしい、楽しい、きもちいい」という快感が生まれるように、お子様をほめてあげてください。

デキタスでは、①学習時間 ②得点 ③テストの合格状況が記録されています。学習を始めた時にお母様の携帯にメールを送信することも可能です。これらをもとに、たくさんほめてあげてください。たくさんほめられた子のほうが学習習慣がつきやすいのです。またこの「ドーパミン」は運動中にも分泌されると言われています。「泳いだ後に勉強する」この組み合わせ、実はとても効果的なのです。

4.聞いてあげてください

「脳は繰り返し入ってくる情報を、重要なものと捉えシナプスを残す」これが記憶の正体なのです。言い換えればたくさん思い出せば、それだけ記憶は強固になります。お子様に「今日は何を習ったの?」と聞いてあげ、反復して思い出す機会をつくってあげましょう。

「スイム&スタディー」コースの受講をご希望される場合は、申込書をフロントまでご提出ください。

 
TOP